糖尿病の初期症状を見逃さず素早く治療を行っていこう

女医

消化を助ける重要な器官

悩む男性

胆のうがんは人間の消化を助ける働きのある胆汁という消化液を溜めておく胆のうという臓器に悪性腫瘍ができてしまう病気です。胆のうがんには初期ではほとんど症状が出ないという特徴があり、進行してくると腹痛や嘔吐などの症状が出ます。

詳細を確認する

進行のゆっくりな腫瘍

頭を押さえる男性

聴神経腫瘍とは、耳の神経の周りを守っているシュワン細胞という細胞から発達してできる良性の腫瘍です。良性なため進行するスピードはとても遅く大きくなるまで時間がかかります。しかし腫瘍がでてくると聴覚に支障を来してしまいます。

詳細を確認する

日常の異変に気づこう

悩む女性

糖尿病は日本でも患者数の多い病気の一つであり、血糖値の異常から引き起る病です。血液の中に含まれるブドウ糖の量が異常に増加してしまい、体に症状を来す病気です。ブドウ糖が多くなる原因としては、インスリンの分泌が正常に行われないことが原因となっています。インスリンは私たち人間が普段食べている食事に含まれているブドウ糖がうまく消化しきれず血液中に流れてしまった場合にすい臓から放出されるホルモンになります。このインスリンの働きによって余分なブドウ糖を吸収し、血糖値の上層を抑え正常値へと戻してくれるのです。しかし糖尿病になるとこの血糖値を正常に戻すインスリンの分泌に異常が起こってしまい、血糖値を正常に戻せなくなってしまいます。そのためブドウ糖は増え続け一方で体に様々な症状を来すのです。

糖尿病は生活習慣病の代表的なものと言われている病気です。普段の偏った食生活から発症してしまうことが多く、日ごろからの食事内容をきちんとしていく必要があるのです。糖尿病は発症しても初期の段階では気づきにくいことが多く、病気の発見が遅れてしまうケースも少なくないです。糖尿病には初期に出てくる症状というのがいくつか特徴がありますので、把握しておくといいでしょう。糖尿病の初期症状といえるのが、主に口の渇きや多尿、体重の異常な減少、体が疲れやすいなどの症状があります。実生活の何気ない異変がほとんどなので、なかなか意識しないと気付くことは難しいといえます。体がいつもより疲れやすいというのは感じることが気づきにくいといえますが、そのほかの症状はいつもと違うなと感じることは比較的容易であるといえます。糖尿病の人はのどが以上に乾いてしまい常に水を飲んでしまう傾向があります。水などを大量に飲む割に体重が激減してしまい、目に見えて異常が感じられるでしょう。その見た目の変化が一番の糖尿病の特徴であり、外見的に変わったなと周りの人にも糖尿病のサインなのではないかという印象を与えます。食事は十分に摂っているのになぜか急激に痩せてしまったなどの症状が表れはじめたら糖尿病かもしれないと考え、病院で診てもらうことをおすすめします。糖尿病はこのような初期症状を見逃すと、血液中に溜まってしまったブドウ糖が行き場を失い、手や足などに溜まって壊死してしまう可能性もあるのです。そうなる前にきちんと症状を自覚し、糖尿病の治療を受けていきましょう。

古くからある

カウンセリング

全国に様々な病院がありますが、大阪の平野区の病院は古くから開業している地元の人に親しまれた病院が多いです。昔からある病院ですので、患者と医師との信頼関係も厚く、通いやすい病院であるといえます。

詳細を確認する